So-net無料ブログ作成

BLコミック徒然日記

BLコミックが大好きな腐女子のBLコミック感想日記。

 

今宵おまえと 三章 第13.5話 [今宵おまえと]

「今宵おまえと」のため、「Hertz 7月号」買いました。

・・・

第13.5話、というだけに8ページ?くらいしかなく
待ち焦がれていただけに、非常に残念でした。。。

とっくに買って読んでいたのですが、家に保管できずすぐ捨ててしまったので
記憶をたどったネタバレになります。



前回、ヤスの勤めるデパートまで行って、謝ろうとしていたリクローだけど
加藤と仲睦まじいヤスを見てまい、怒って帰ってしまうところで終わりました。

その帰り道から今回始まり、リクローは、仕事なんだからしょうがないのに
嫉妬した自分が情けなく、思うようにならない自分自身を腹立たしく思っています。

途中、自動販売機で飲み物を買うけど(当たるともう1本もらえるやつで)
見事にはずれ(まあ、ほとんど当たらないけどね)

『俺、こんなんばっかり・・・』

と、ため息をつくリクロー。


一方、ヤスは一息ついて部署に戻ると、差し入れのドーナツを女子社員にすすめられる。
目移りして迷っていると、
「そんなに迷うなら、2個でもいいですよ~」と言われ
「いいの~?」

すると女子社員が
「和久井さんって、気が多いでしょ?!」と。

「そんなことないよ、俺は一途だよ!」と、ヤス。

ドーナツをくわえながら、自販機でコーヒー?を買うヤス。

リクローの怒った顔を思い出し、 『怒ってたな・・・』
『なんで怒ってたんだろう・・・?・・・』
『・・・また俺が無神経なこと言っちゃったんだろうな・・・』

『好きなのに、ちゃんと気持ちが伝わらない・・・』

『俺って、こんなんばっかり・・・』


・・・これで、終わりですから!!

ああ、又2カ月は長いです。

でも、リクローは後悔してたけど、会いに行ったのは良かったです。
怒った甲斐があったというか、ヤスは気にしているし。

それに、ヤスのリクローを好きな気持ちは全く変わっていなかったことがはっきりわかり
私は少し満足できました。

まあ、好きの種類が違うと言えば違うのだけど・・・

でも、ヤスはリクローのキスが嫌ではないのだから
リクローにはもう少しゆっくり、というか、しばらくはキスだけにすれば
ヤスが望むまで、キスだけで我慢すればうまくいくのでは?と、思うのだけど・・・





nice!(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。