So-net無料ブログ作成

BLコミック徒然日記

BLコミックが大好きな腐女子のBLコミック感想日記。

 
前の3件 | -

今宵おまえと 最終章 [今宵おまえと]

「今宵おまえと 最終章」が4月1日に発売されました。

もちろん、発売日に買いに行きましたよ^^

内容に関しては、これまで書いてきましたのでおいといて

コミックならではの「書下ろし」が楽しみなわけですが
これがまたよかったです。

高校時代?からの親友ならでは・・・ですね。

で、何気に2人がすっかり恋人同士な事実もわかり
嬉しくなり・・・

リクロー、よかったね!って
ほんと、読むたびに思います。

でもそれって、リクローが本当にいつも、どんなときも
ヤスを大事に思ってきたからこそ・・・なんだよね。。。







nice!(0) 
共通テーマ:コミック

今宵おまえと 最終話 [今宵おまえと]

「今宵おまえと」 最終話。

もちろんとっくに読んでました。

でも、この感動を言葉に表すことが出来なくて、記事に出来ませんでした。

正直、今も書けません。

読むしかないですね。


最後にヤスが決めてくれました。

BL好きですが、こんなに男らしい(という言葉でしか表わせない)

キスシーンを見たのは初めてです。

男同士ならではの感動のシーンです。


結局うまくいく、と思っていたので心の底では安心してたけど

違った意味で全く予想外の最終話でした。

コミックになってからでも、是非本物をお読みください。





nice!(0) 
共通テーマ:コミック

今宵おまえと 三章 第14話 [今宵おまえと]

Hertz 9月号、「今宵おまえと」第14話読みました。


今回も読んだ後、手元に現物がないので
私が覚えてる印象を綴ります。ネタバレです。



リクローの回想場面から始まる。
高校生?の頃のリクローとヤス。

学校帰り?、彼女ができたヤスがリクローに
「気になる女の子とかいないの?」と聞く。

「なに、急に?・・・」
「だってオレだけ彼女できても・・・」

「なんか、気遣って疲れるし、オレ、リクローの方がいいよ」

・・・

「お前が女だったらなあ・・・」


リクロー 『天国から地獄に落とされた気分だった』
そして、今もあの時と同じようにみじめな気分。

巨乳上司と定食屋で昼食中。
まだ、落ち込んでるみたい、と指摘され、
随分めんどくさい人とつきあってるんだね・・・
もともと、ミャクなしだから・・・とリクロー。

「ヤスにとっては、晴天の霹靂みたいなもんで・・・」
「へえ、ヤスちゃんっていうんだ。男の子みたいだね」

うっ・・・ 『ばれたかな?!』と焦るリクロー。

「もうやめちゃえば?」という巨乳上司。


食後、西急(ヤスの職場)のリニューアルオープンに行くわ、
あなたも行く?

と誘われるが、断わり、1人その場で 『今日リニューアルオープンか・・・』
『ヤス、がんばってたもんな・・・』

友達でいたときは耐えられたのに
1度気持ちがあふれてしまうと
嫉妬や独占欲を抑えられない・・・

会いたいなあ・・・
でも、今は会っても前のようには笑えない・・・
と思い悩むリクロー。


西急で、巨乳上司とヤスがバッタリ。
ヤスが 「西島は元気ですか?」と聞くと
何かを感じたのか、「和久井さん、下のお名前は?」
怪訝そうに「保孝ですけど・・・」とヤス。

そこですべてを察知してしまった巨乳上司、
「元気ですけど、なんだか恋愛問題ですごく悩んでるみたいで・・・
もうやめちゃえって言ってるんですよ、和久井さんもそう思いません?」

「そうですね・・・」とヤス。

そこでいじわるく
「で、そうすることにしたみたいですよ・・・」の一言に固まるヤス。
巨乳上司は、ヤスが結構気にいっていたよう。

仕事帰りに、後輩の加藤と食事をするヤス。
ため息ばかりのヤス・・・
ヤスを気にかける加藤に、「オレってめんどくさい男かな・・・?」とヤス。

「誰かに何か言われたんですか?」
「あ、あのときのアイツか・・・怖い顔してたし。
1度寝たぐらいで恋人気どりしないでほしい・・」みたいに加藤がいうと
「お前が言うなよ・・・」とヤス。

すると加藤が反応して
「おれは恋人気どりなんてしてないですよ。和久井さん、そういうの嫌なのわかってるから」
「和久井さんは、男のくせに男の気持ちがわかってないんだから・・・」

その言葉がヤスの心につきささる。
店を出た後、寄って行きたいところがあるから・・・、と1人でリクローのマンションに向かうヤス。

マンションの下から電話するが、リクローが出ない。
「シカトする気か? 電気がついてるのに・・・」
あきらめて、ヤスが帰ろうと歩いていると前に加藤が待っていた。

「つけてたのか?」

「ケンカしたんですか?」  「してない!」
「何か言われたんですか?」 「会えてない!」
ほっとけ・・・というヤスを、加藤は背後から抱きしめ、
「もういいじゃないですか・・・オレにしてください」という加藤を
「よせったら・・・」とふりきったヤスが後ろを見ると、そこにリクローの姿が。

「追いかけてこなければよかったな・・・」 とリクロー。
「話があるんだ」というヤスに、リクローは
「おれはない・・・話したくない」

「わかった・・・」と背をむけて歩きだすヤス。
追いかける加藤に 「1人にしてくれ、頼むから・・・」と速足で帰るヤス。

ヤスが泣きながら思う。

おれが悪い。いつも無神経に傷つけてんだ。
リクローはおれのことが好きだから、ちょっとのことでもすぐ傷つくんだ。
でも、お前も悪いよ、
好きだって言ってるのに、信じねえんだから・・・


リクローがこんなに怒っているのは初めてで、困惑するヤス。
でも、それだけに、ヤスは自分がいかにリクローを必要としていたか?
どれだけリクローを好きだったか?を身にしみて感じてるに違いない。

でも、ヤスの好きとリクローの好きは同じなのかしら?

それに、リクローは心から怒ってるわけじゃないと思うんだ。
ただ、加藤と仲良さそうなところを見てしまうと
嫉妬してしまって、気持ちが抑えられないだけ。

2人はいったいどうなるんだろう?
気持ちが通じ合う日はどうやって訪れるんだろう?
(絶対最後はうまくいく!って信じてます)


次回、15話はもしかして最終話? それとも、四章に続く?


しかも、9月末発売の次号、11月号に木下先生の名前が見当らなくて・・・
もしかして、次号はお休みですか?
ぎえ~~~~~こんな気持ちのまま4カ月待てとは・・・














nice!(0) 
共通テーマ:コミック
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。